2009年09月16日

プロフェッショナル 仕事の流儀 special

今晩の放送は漫画家・井上雄彦さんの特集で、一時間スペシャルでした。

この一年間を追ったドキュメンタリー映像とインタビューを通し、「バガボンド」の制作に密着する中で、知られざる苦悩を垣間見ることができました。
ポイントはいろいろ有りましたが、とりわけまんがを描く原点である「ネーム」という作業観点から非常に興味深い内容でした。

・ネーム作業は憂鬱
週末に行う。そのまま週の半分以上かかることもある。
迷い・七転八倒し、どうしょうもない状態まで追い詰められる。

・ネームの段階で内容はほぼ決まる。だからそこで頑張らなければ。

・「バガボンド」の実際のネームを公開。
大雑把な絵、台詞だけのページもある。
リズム・シーンの重さ・表情・感情などを示しておきたい。

・雑念があると100%の感情になりきれない

・心の有り様
静かなときはうまくかける


実は自分もネームに一番悩みます。出来不出来はその時次第で、上手く進んだときはそれこそ「神が降臨した」と言わんばかりの、何とも運頼みで苦手な作業です。
そしてネームには絵を細かく描き込んでいくというよりかは、自分の表現をストレートに出す課程でだんだんと絵が占める割合よりもセリフだとかコマの切り方とかを記したメモのような形になっていきます。

井上さんのネームはまさにそんな感じでした。
しかも、とことん悩んでいました。

今回の放送を観て「あ、こういう悩み、自分だけでないんだ」と思ってしまいました。

これまで自分が出会ったまんが家さんは、ネームの位置づけを、自分の頭の中にある考えを最もピュアな状態で具現化する産みの瞬間ということで、表現したいことや情熱が一番反映されるようなことをおっしゃっていて、それらをとても有意義な作業であるかのように受け取ってきました。

そして実際、ネームか下描きか区別がつかない程完成型に近いイメージがそこにありました。
こういうのを目の当たりにすると、取りかかりの時点で既に頭の中で確固とした物があることに驚き、尊敬の念を抱くと共にそれがプロ、才能と努力の成せる技なんだろうなと思っていました。

もちろんそんな凄い方もいますが、今回の放送を観て、それがプロの方に当てはまる全ての姿ではないことに気づきました。

憂鬱な作業と格闘し悩みながら具現化していく姿に、まんがを描く身として共感すると共に、思いを100%放出するため自分をとことん追い詰め、地道で苦しい難産を毎回繰り返すプロ根性に、感動を覚えました。

自分は同人まんがを描いていますが、本人の趣味で好きでしているのになぜ悩んでまで描かないといけないのかと疑問を抱いてたこともあり、改めて考えさせられました。

プロフェッショナルとは=向上し続ける人。
色々と意味合いを持つ、非常に深い一言であると思いました。
posted by フエフキドウジ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ ゲーム

2009年05月10日

朝まで

タモリ倶楽部を観終わって寝ようかなと思ったら、朝までガンダムという番組が始まった。ファーストガンダムを7月にかけて一挙放送するらしい。
ちょっと観るだけのつもりが、結局5話まで観てしまった・・・。
なにせ名セリフのオンパレードでなにげにそれをしっかり覚えている自分。
3話までは安彦良和さんが作画監督をなさっているんですよね。安彦さんのタッチが出ていてすごい魅力がありました。
毎週土曜は眠れないよこりゃ。

久々にひぐらしの話題など。
アーケードで麻雀ゲームが出るなんて知らなかった。
TVシリーズよりキャラはシリアス目になっていますね、ちょっとやってみたい。

ひぐらしの哭く頃に 雀
posted by フエフキドウジ at 18:18| Comment(5) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ ゲーム

2009年05月02日

娘TYPE

20090502_1

メガミマガジンに対抗するような新しい雑誌が出たので、早速購入してみました。
表紙のなのはさんにつられてです。ニュータイプ増刊となっています。

メガマガと同様に、お色気気味なポスターが多いです。角川だけあって、ハルヒのイラストが多いのも新鮮カナ? なのは劇場版の情報や、新連載まんがリリカルなのはForceが載っています。なのはさん25歳。まんがの作者は緋賀ゆかりさんなので密かに期待しています。今号はさわりだけなので、早く続きをよみたいです。

ゲマで購入すると、なのはのイラストカードと緋賀ゆかりさんサイン色紙の応募券付き。ちなみに発売日の4/30にアキバで購入したのですが、ガラポンでポスターが3枚当たりました。
20090502_2_2
20090502_6_2

メガマガはけいおんの資料になるかな、と思って買ったけど、こちらもなのはさんがプッシュされていました。下敷き&ビジュアルコレクション1.5の付録付き。
20090502_3_3

アニカンはけいおん特集。フリーペーパーです。
山田監督のインタビューが載っています。制作裏話などなかなか面白いです。
20090502_4_2
20090502_5_2

posted by フエフキドウジ at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ ゲーム