2011年01月24日

ペインター

Taeko2_paint

今回も新しいツールを使って描いてみました。
線画:紙と鉛筆、彩色:Painter 11、仕上げ:PhotoshopCS5

水彩画風に仕上げたかったので、ペインターに挑戦してみました。
感想は・・・すごく時間がかかりました。(コミスタの時とおんなじではないか)

最初、水彩ブラシで描くと重すぎて非常に使いづらい状態でかなり悩みました。表示オプションを切ったり色々試した末、解像度を144ppiにして描くことで、ストレス無く描くことが出来ました。

ちなみに通常(Photoshop上)は印刷を意識して350dpiで描いています。
今はCore2Duo,4GB memoryのMacBook Proですが、その前のPowerMacG3の時はPhotoshopが重いので144dpiで描いて、350dpiに上げて入稿していましたが、印刷物になっても特に不都合を感じなかったのでこれでも大丈夫だと思います。

軽くなったとはいえ、水彩風に描くのはなかなか難しい。にじみをうまく表現するにはまだまだです。水張りしたキャンパスにさーっと広がるにじみを描きたかったのですが、できませんでした。

ツールとしては面白いです。今後はペインターを積極的に使っていきたいと思います。

--
今回、水彩画風ブラシの設定など、こちらのサイトを参考にさせていただきました。
非常に有用な記事をありがとうございました。
Charako House
posted by フエフキドウジ at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | お絵描き
この記事へのコメント
お疲れ様でございます。
アナログ画材の感じを出すのは、なかなか大変ですよね。
Posted by 詩音 at 2011年01月25日 11:06
ありがとうございます。

途中、もう手描きでいいんじゃない?と思いましたが、デジタルらしい絵の特徴をミックスした絵にすれば面白い絵になるのではないかと考えて思い直しました。
しばらくこのスタイルを続けていきたいと思います。
Posted by フエフキドウジ at 2011年01月25日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184759377

この記事へのトラックバック