2010年05月06日

PowerTone3 does not work on Snow Leopard.

大型連休も終わってしまいました。

この休み中にOSをLeopardからSnow Leopardにアップグレードしました。
懸念事項は64bit対応になったため、よく使っていたソフトが動くなる恐れがあり、これまで様子を見ていました。具体的にいうと、Photoshop CS3のプラグインであるパワートーン3。まんが原稿の仕上げには必須なのです。
このプラグインは元々PowerPC用なので、Intel用に動作させるためにはPhotoshop自体をRosettaという変換プログラムを介して動作させることで、このプラグインが使用できていました。

結論から言いますと、Snow Leopardへアップグレード後のパワートーン3の動作は、×でした!
【追記:2011/01/17 Snow Leopardでも動作いたしました。当時×だった理由は不明です】
【追記2: Snow Leopardでは作業中に頻繁に異常終了します。これでは使い物になりません】
【追記3:2012/08/30 Lionにアップグレード。Rosettaが無くなったため完全に起動不可。見切りをつけてComic Studioに移行しました】



・Photoshop CS3:
 SnowLeopardへアップグレード後、最初のPhotoshop起動時にRosettaのインストールを求められる。
 それに従ってインストールすれば、以後は何も設定しなくても起動できました。
・パワートーン3:
 Photoshopのフィルターメニューに、パワートーンのメニューが無く、使用できない。
  ↓
 Leopard時にパワートーンを使用するために行っていた、"情報を見る"→"Rosettaを使って開く" にチェックを入れて起動させようとすると、Photoshop自体が起動しない。

何とか動作させたいがために、Snow Leopardをクリーンインストールした後にPhotoshop CS3とパワートーン3をインストールして検証してみましたが、こちらも上記と同じで、×でした。

さて、どうしましょう、、、現状のパワートーンを継続して使用するためには、どうもLeopard環境下しか無いようです。CS4または今度リリースされるCS5での動作も検証してみるという手段も一応残されてはいますが、、、。


Snow LeopardではCS3自体がAdobeのサポート対象外になっているので、OSとともにPhotoshopもどこかの時点で更新しなくてはならないと思っています。今後はComic Studio等への乗り換えも視野に入れないといけないですねぇ。

--
下はSnow LeopardでのPhotoshop CS3起動時のスクリーンショット。フィルターメニューにパワートーン3の項目が現れません。
20100506_3
posted by フエフキドウジ at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | お絵描き
この記事へのコメント
びびった〜

一瞬「フエフキさんの絵じゃないっ!?」と勘違いしてしまいました
> CS3起動時のスクリーンショット絵
Posted by 堕悪ハヤシ丸 at 2010年05月15日 20:35
あっはっは。壁紙は気分次第でいろいろです。

ちなみに今は乃木坂美香です。みっかみかw
Posted by フエフキドウジ at 2010年05月17日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184759336

この記事へのトラックバック