2010年02月10日

ハルヒ消失

報告が遅れましたが、日曜日に観てきました!

長尺の映画でしたが見所の多い、大変面白い映画でした。
小説読んだのは随分前で、半分くらい内容を忘れていた状態だったのですが、改めて内容に非常な新鮮さを感じました。
あとTVシリーズの”憂鬱”本編の続きという部分を感じました。いつもの事なのですが、小説のような文章を映像に置き換える際の表現手法という物に非常に興味があって、今回もそれを強く意識しながら観ていました。これらを総合して「演出」するというのですが、この演出が京アニ作品は全般的に優れていると思います。

ネタバレになるので極力記述は控えますが、たとえば別次元でハルヒの痕跡を探すキョンのシーンでしばしば短くカットインされるリアルな街の風景、キョンの心理の不安定さをより的確描写していると思いました。一番の見所であるラストのキョンの別次元から脱出を決意するモノローグ描写は非常に特徴的で、この映画の方向性を決定づけるにふさわしい演出だったと思います。ほかのシーンでも各キャラの細かい演技のさせ方など、どこまでが演出家さんの意向でどこまでがキーアニメーターさんの裁量によるものかわかりませんが、キャラを印象づけるカットになっていたと思います。

こういう映画の見方していると楽しんで観ているように見えないかも知れませんが、どうしてもこうなりがちなのが自分の困ったところです。もう一回観て、今度は純粋にストーリーを楽しんでこようと思っています。

あと、長門有希萌えといわれる印象は否定しませんが、個人的にはハルヒに惚れ直しました! ///▽/// あいしてるー!

20100210_1
パンフレットと、小さいのは入場時に貰えたメモ帳です。

20100210_2
関係ないけど、メイトに寄ってちゅるやさんチーズパイと雪ミクぷちを購入。
チーズパイは、源氏パイにチーズの風味が付いたという感じです。
【涼宮ハルヒの最新記事】
posted by フエフキドウジ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 涼宮ハルヒ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184759317

この記事へのトラックバック